第44回全日本総合錦鯉品評会、国魚55部受賞

第44回全日本総合錦鯉品評会、国魚55部受賞、蘇様おめでとうございます。

こちらの昭和は昨年の秋、2歳あがり時に谷養魚場さんの目に留まり、蘇さんに購入いただき、見事国魚賞を受賞することができました。
この鯉は池揚げ時は48㎝と当社の2歳にしては大変こぶりで、当初50部で出品する予定でした。ところが品評会に向かって飼育している段階で、50㎝を5㎜超えてしまったために55部に繰り上げ出品となりました。55部の中では最も小さい部類に入るため、苦戦を強いられる覚悟はしておりましたが、見事国魚賞をいただくことができました。この昭和は当社主力の一つ、ナゾの子で、小さいながらに体格の良さ、特徴的な墨模様と透き通るような白地で見事勝ち残ったのではないかと思います。

第44回全日本総合錦鯉品評会には9本出品し、区分総合が1本、国魚賞が2本、優勝が1本、優勝次席が3本、準優勝が2本が入賞し、おかげさまで昨年に続き今年も入賞率100%と良い成績を修めることができました。出品者の皆様、取扱業者様、おめでとうございます。


今年は自社で冬場のたたき仕上げに挑戦し、無事このような結果を残すことができました。今後も当社は品評会に向けた仕上げ飼育の向上にも努めて参りますのでご期待ください。



(動画、写真はNishikigoi from Niigata提供)


第44回全日本総合錦鯉品評会、国魚70部オスの部

第44回全日本総合錦鯉品評会、国魚70部オスの部受賞、Hartono様おめでとうございます。この紅白は昨年65部で国魚をいただいており、2年連続の受賞となりました。

この鯉は昨年(2012年)の農業祭で水産庁長官賞を獲得した鯉と同じ加知紅白(神楽系)で、大変大きくなる系統です。昨年よりも貫禄がより増しましたが、まだまだ伸びしろのある鯉ですので、この先も長く楽しんでいただけると思います。Hartono様は全体総合優勝も獲得され、大変おめでとうございました。

第44回全日本総合錦鯉品評会には9本出品し、区分総合が1本、国魚賞が2本、優勝が1本、優勝次席が3本、準優勝が2本が入賞し、おかげさまで昨年に続き今年も入賞率100%と良い成績を修めることができました。出品者の皆様、取扱業者様、おめでとうございます。


今年は自社で冬場のたたき仕上げに挑戦し、無事このような結果を残すことができました。今後も当社は品評会に向けた仕上げ飼育の向上にも努めて参りますのでご期待ください。



(動画、写真はNishikigoi from Niigata提供)


第44回全日本総合錦鯉品評会 区分総合優勝 壮魚オスの部

第44回全日本総合錦鯉品評会、区分壮魚オスの部優勝受賞、藤本博文様、大変おめでとうございます。当社にとっても東京大会で区分総合は初となり、大変興奮しております。

こちらの昭和は4歳70㎝で親鯉はクロの子です。秋揚げの時は肌が黄ばんでいましたが、それにも関わらず藤本様には高い評価をしていただき、生産者として大変嬉しかったです。大会前には白地が抜け、墨も光沢がまし、見事壮魚オスの部総合優勝を獲得することができました。この鯉は墨、紅、模様、と素晴らしい鯉ですが、何よりも体型が抜き出ており、オスでこのような体型をした鯉はなかなかいません。藤本様、本当におめでとうございました。


第44回全日本総合錦鯉品評会には9本出品し、区分総合が1本、国魚賞が2本、優勝が1本、優勝次席が3本、準優勝が2本が入賞し、おかげさまで昨年に続き今年も入賞率100%と良い成績を修めることができました。出品者の皆様、取扱業者様、おめでとうございます。


今年は自社で冬場のたたき仕上げに挑戦し、無事このような結果を残すことができました。今後も当社は品評会に向けた仕上げ飼育の向上にも努めて参りますのでご期待ください。



(動画、写真はNishikigoi from Niigata提供)