まずは当歳から・・・

遂に鯉揚げが始まりました。 まずは当歳からです。 今年は陽気も良く出来は上々。 野池の水の状態が非常に安定していた為、新潟の鯉屋さんはほとんどが豊作ではないかと思います。 当社も稚魚飼育がこの様に安定した年はありません。 今回の動画は秋売りの当歳鯉達です。 立て鯉ではありませんが豊作の為、内容の濃いクオリティの高い当歳が揃いました。
月末からいよいよ立て鯉当歳揚げが始まります。 今年の生産もいよいよ終盤戦です。


今年は良いですよ~。

さて今回は稚魚の出来栄えを紹介します。 この様な猛暑の続く夏、水不足が大問題となっていますが水のある稚魚池は大豊作です。 当社では井戸を掘り地下水が豊富なのでこのような水不足の年ほど出来がいいです。 逆に昨年の様な大雨の年は水の集まる地域、場所が多い為、結構な被害にあいます(昨年ブログで紹介)。  自然相手ですので中々思う通りにはなりませんが今年は今のところ思い通りになっています。  まだまだ気を引き締めて頑張ります。  ん~~~しかし暑い・・・・ 


2歳立て 久しぶりに目撃!

約3カ月ぶりのブログアップです。更新せずにどうもすみませんでした。これから定期的にアップしていくので、よろしくお願い致します。

さて、今回は2歳立てを久しぶりに目撃したのでビデオに撮ってみました。今年の新潟は水不足で現在も毎日猛暑が続いているため、野池も水位も下がり、水色もかなり濃い目の青水になり、表面水温が異常に高いため日中鯉の姿を見ることままなりませんでした。ところが今回野池見廻りをしていると久しぶりに2歳立ての鯉達が姿を見せてくれました。遠目ですが肉もよく入っており約50㎝くらいにはなっているようでした。池揚げまで残り1か月の給餌で最終追い込みに入り、秋には素晴らしい姿を期待しています。


さて、いよいよ採卵開始。

いよいよ今日から産卵開始です。今年も人工精しょうを使い孵化率アップを目指したいと思います。 まずは初日、主力メス親の1匹、『テポドン』の登場です。 なかなか、放卵するまで時間のかかるこの親、今回は初日かセットしました。  続いて『寅壱』。昨年初腹で素晴らしい子供を産んでくれた将来有望な親です。 そして今年デビューの初腹その名も・・・『CT』。面迫産の銘血です。 あの『GT』を超える素晴らしい仔を産んで欲しいものです。 後、オス親も85cmオーバーの『ヒグマ』をはじめ、その子供達も遂にオス親として登場。 そして関東銘鯉展で譲っていただいた期待のオス親『ビッグタウン』。 どれも楽しみな組み合わせです。 今夜から徹夜開始です。

From today, we start spawning. We will take artificial spawning method which makes ratio of hatching higher. At first day, we use “Tepodon” which is one of our main bloodline. Because this koi takes long time to spawn eggs, I put it in first day. Next is “Tora-ichi”. We used this koi last year and found it very successful. I hope it will be our main bloodline in the future. And the name of new koi which come out as parent koi is called “CT” from Omosako bloodline. I wish it will breed wonderful Nishikigoi which is more than “GT”. The next generations from male parent koi, “Higuma” which is over 85cm are also coming out. We will of course use new male parent koi, “Big Town”, which we purchased at “Kanto Meiri Ten”. From today, we won’t be able to sleep in the night . . . 


こんな昭和・・・大好きです。

今回紹介するのは3歳 60cm 昭和三色です。 動画では59cmと言っていますが60cmです。  この鯉、10月の鯉揚げから4月の今日まで一粒の餌も食べていないにもかかわらず、この肉ずき・・・かなりのマッチョ体型です。 この鯉のメス親『クロ』の特徴で、大変横幅が付き、体高のある子供ができます。 実寸よりも大きく見せるこの迫力ボディーに加え、この体型にはなかなかノリずらい良質の紅、墨がバランスよく配置され、見てて飽きない逸品鯉です。

Today, I would like to introduce 3sai Showa, 60cm. In movie, I introduced this koi as 59cm but it is 60cm actually. You can not believe it but this koi has not been fed since it was harvested on October 2011. She hasn’t eaten any single koi food but still have this body confirmation. What a stout body!. The parent of this koi is called “Kuro”. The koi which was born from Kuro tend to have wide and tall body compare to the others. When you actually see this koi, you will feel it is more than 60cm. The koi which has good body confirmation tend not to have good beni and sumi but it has high quality one and sumi is well located in the body. Never get tired of looking at this koi.

60cm.jpg