第44回全日本総合錦鯉品評会 区分総合優勝 壮魚オスの部

第44回全日本総合錦鯉品評会、区分壮魚オスの部優勝受賞、藤本博文様、大変おめでとうございます。当社にとっても東京大会で区分総合は初となり、大変興奮しております。

こちらの昭和は4歳70㎝で親鯉はクロの子です。秋揚げの時は肌が黄ばんでいましたが、それにも関わらず藤本様には高い評価をしていただき、生産者として大変嬉しかったです。大会前には白地が抜け、墨も光沢がまし、見事壮魚オスの部総合優勝を獲得することができました。この鯉は墨、紅、模様、と素晴らしい鯉ですが、何よりも体型が抜き出ており、オスでこのような体型をした鯉はなかなかいません。藤本様、本当におめでとうございました。


第44回全日本総合錦鯉品評会には9本出品し、区分総合が1本、国魚賞が2本、優勝が1本、優勝次席が3本、準優勝が2本が入賞し、おかげさまで昨年に続き今年も入賞率100%と良い成績を修めることができました。出品者の皆様、取扱業者様、おめでとうございます。


今年は自社で冬場のたたき仕上げに挑戦し、無事このような結果を残すことができました。今後も当社は品評会に向けた仕上げ飼育の向上にも努めて参りますのでご期待ください。



(動画、写真はNishikigoi from Niigata提供)


コメントは受け付けていません。