連日の日照り続き・・・

連日の日照り続きで野池の水がどんどん減っています。水深の浅い池は給餌するのが怖くなって他の水深の深い池からポンプアップしたり試行錯誤です。日中は表面水温が34度まで上がり餌場には鯉が来なくなっています。しかし夜、水温が下がった時に食べているようで食べ残しはありません。いつまで日照りが続くのか・・・結構、深刻問題です。

This text will be replaced


日本語字幕
はい、えー、今日は山の池に来ております。連日連夜の日照りで、もう水がどんどんどんどんと減っていきます。土手もだいぶ出てきました。そして、隣の池もこの通り、そうですね、水深にして40cmから50cmぐらいは減っております、もう底のパイプ一つ目、らくらくも顔を出しております。もう、えさをちょっと与えるのはこのままだと危ないのでこういった水深のある深い隅から水中ポンプで、発電機で水中ポンプを動かし、こちらの池に水を渡したりいろいろ工夫して、えー、何とかがんばっています。水の表面温度は日中で34度とても浅瀬まで鯉は来れません。ですが、なぜか夜食べているみたいで餌の食い残しはないようです。まぁ、この日照り続き、大変深刻問題です。

English Subtitle
Today, I’m visiting Nishikigoi ponds at the mountain area. It’s getting slightly evaporated its water in the ponds with hot climate, and the wide edges of the ponds are exposed. I think the ponds decreased about its water level from 40cm to 50cm. I can even see the pump embedded its bottom. I consider that the current condition might have bad effect on feeding Nishikigoi. In that case, we need to develop the depth of the pond water. Thus, we pump water from one to another by electric generator. We are trying hard to solve the problems we are facing now.
In Addition, the heat stops Nishikigoi to come close to the pond surface in daytime because the water temperature around the surface hits 34 Celsius degree. However, it’s fortunate that they eat up all food that I feed daytime at night when it’s getting cooler. But still, this is serious problem that we have now.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です