銘血『神楽』一番選別。

今日は紅白の一番選別をしました。福井の加知養鯉場さんから大切にしていた銘血『神楽』系統の鯉をわけて頂きその一発目の選別シーンです。せっかく譲っていただいた鯉。無駄にはしません。後世に残す鯉を作りたい。僅かですが手ごたえを感じた選別でした。

This text will be replaced

日本語字幕
こんにちは、今日は7月20日。選別をしております。今日は紅白。
秀公)光徳君、このオスとメスの組み合わせはなんですか?
光徳)これはかちさんの神楽系統のメスに飯塚さんの仙助系統のオスをかけました。
秀公)こんな感じで選別をしております。おっ、今日の10位くらいですか!?
光徳)そうですね。いっぱいあがりましたねこのクラスは
秀公)このクラスがいっぱいあがった!?それはいいことですね。このようにしていい鯉だけをまた、厳選して池にもどします。
光徳)このクラスはもう捨てなきゃ。
秀公)ちょっと選別が厳しいんじゃないでしょうか。
光徳)このクラスもいらないなぁ
秀公)このクラスもいらない!?
こんなかんじで暑い中小屋で選別してます。

English Subtitle
Hi, it is July 20th. We are practicing the first culling of Kohaku today.
Hidemasa: Mitsunori, what koi are their parents?
Mitsunori: The mother is Kagura-blooded female from Kachi-san’s farm, and the father is Sensuke-blooded male from Iizuka-san’s farm.
Hidemasa: Like this, we are culling Kohaku. Oh, does it get in today’s top 10?
Mitsunori: Yes. We got so many of this rank of Kohaku.
Hidemasa: It’s good to hear.
We are picking out only good ones and put them back in a pond.
Mitsunori: I have to throw out this one.
Hidemasa: Aren’t you being a little strict?
Mitsunori: Well, I don’t want this one either.
Hidemasa: Do you eliminate it as well…?
As you can see, we are continuously working on culling at the small cabana in summer heat.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です