90%孵化成功。 長官賞。

期待の親鯉『長官賞』見事に孵化しました。かなりの毛仔の数です。黒仔率はどちらのオスも3-4割といった所でしょうか。後は頑張ってくれた鯉に負けないよう私達も飼育、管理していきます。

This text will be replaced

日本語字幕
おはようございます。ここで卵を孵化させて、そしてあの遠くに見える小屋で選別をしております。そして今日は、長官賞の子供を選別しております。野池にブルーシートを張って産網をおってその中でみよかします。これが長官賞の・・これですね。こんな感じで毛子も沢山生まれています。卵が2キロ300、大体孵化をしたんじゃないでしょうか。えー、親鯉はこちらは80部オス国魚賞を受賞した大日さんの昭和、名前はヒグマです。黒の率もなかなかいいと思います。うちの大事な親鯉、長官賞、すくすくと子供達育ってほしいです。

English Subtitle
Good morning, everyone.
Today, we are culling the kego (baby koi) that hatched from Chokan Sho’s eggs at the house over there.
We created the quarantine area with blue plastic sheets to keep the fertilized eggs and waited for the hatching.
Here we are. This is Chokan Sho’s kego quarantine pond.
The eggs weighted over 2,3kg, and the most of them were hatched successfully.
Their father is the koi bred by Dainichi, which received the 80th division Kokugyo prize. His name is Higuma.
The kuroko rate seems high.
Our precious oyagoi, Chokan Sho, we wish her babies will grow healthily.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です